みなさんこんにちは!
こども支援・国際協力NGOのnexus spa.ce(ネクサススペース)と申します!

2021年8月に構想を立ち上げ、着々と準備をして参りました。
協力者の選定や、具体案の作成などなど行なってきましたが、ようやくHPとこちらのブログを立ち上げることができ本日、初投稿を迎えました!!

今回は、代表理事である私、岩渕の生い立ちと、この団体が追い求めるべきところをみなさんにシェアさせていただきます!
最後までよろしくお願いいたします


1620302224615.

名前:岩渕 広樹(イワブチ ヒロキ)
ニックネーム:ぶっちー
年齢:34歳
趣味:音楽鑑賞(ロックバンドや吹奏楽が好きです!)
出身地:埼玉県

----------------------

改めまして、ぶっちーです!!
今回は私の生い立ちをご紹介していきます。

私は5歳の頃、親からのネグレクトを受け、埼玉県にあるとある児童養護施設に預けられました。
中学卒業の15歳までいたその場所は、私にとっては第二の故郷であり、私の人格を作り上げた場所であると思っています。

前述で音楽鑑賞が趣味だと書きましたが、私がいた児童養護施設は個々の興味に対して非常によく寄り添ってくれて、「野球に興味がある子」は少年野球チームに参加したり、勉強に対しては塾に入らせてくれるなど、地域の協力によって当時では珍しくある程度門戸を広く習い事をさせてくれる環境でした。

私は小学1年生の時にピアノに興味を持って、ピアノ教室は難しかったですが、音楽全般が学べる地域の合唱団へ入団させてもらいました。

施設にはピアノが常設されていたので、毎日練習に明け暮れ、小学校の卒業式では伴奏をさせてもらうこともできました。
中学からは部活で吹奏楽部に入部、施設を卒園して高校へ進学した後も吹奏楽は続けました。

私は高校卒業後、一般企業へ就職をしました。
一人暮らしを始め、社会の荒波にもまれ始めましたが、19歳の時に身体と心の体調が悪くなってしまい、1年で退職をしました。

その後少しばかり体を休めているときに、地元の友人からバンド活動に誘われ、仕事と同時にバンドに明け暮れる生活を送りました。

転機が訪れたのは、27歳のとき。
長く続けていたバンドが解散をすることになりました。バンドが生活の中から無くなった時、自分に取り柄が無くなった気がして、抜け殻のような生活を数ヶ月送っていました。

そんな時、東京のある街中を歩いている時に、外国人観光客に話しかけられました。
「・・・・・(ペラペラペラ)」←英語
私「・・・(え、全然わからない)」

本当に今でも後悔しているのですが、その時わからなさと恥ずかしさで逃げてしまったんです。
でも後になって考えたのですが、きっとその観光客の方は非常に困ったと思ったし、日本への印象も悪くなったのではないかな?と思いました。

そこで、私は第二の人生をスタートするべく、「英語」を学ぶことを決心しました!
少しアルバイトでお金を貯めて、30歳になった時「フィリピン・セブ島」に語学留学しに飛び立ちました。

beach-1213595_1920

フィリピンでの生活は刺激的なことの連続で、毎日が新鮮でした。
英語を学び、フィリピンを学び、気づいたら帰国せずに、フィリピンの企業へ就職をしていました(笑)

もっとフィリピン留学を色々な方に広げたい思いで、現地の語学学校の日本人スタッフとしてその後2年半にわたって従事しました。

途中コロナ禍になり、たくさんの苦労もありましたが、そんな日々を経て現在は日本へ帰国しました。

386434496_bd7f524946_o

日本に帰国してから、私はこれまでの自分自身の人生を振り返りました。
幼少期児童養護施設で生活をし、さまざまな経験・出会いをしました。
音楽活動に明け暮れた20代、そしてフィリピンでの生活。

その中で、これまでの私の経験・思いを形にする活動をしていくことを決心しました。
これからこのブログにおいて、私たちの活動を随時UPしていきますが、その活動全てがこれまでの私自身の経験からなっているものです。
どんどん協力してくださる「仲間」を増やして、私自身ブラッシュアップして、これからの活動のエネルギーにしていきます。

主な活動の思いや、細かい活動予定内容は今後の記事を楽しみになさってください!!
なお、当団体のホームページでも活動内容をご覧いただけます。

当団体のホームページはこちら!

今後も私たち「ネクサススペース」をどうぞよろしくお願いいたします✨

こども支援・国際協力NGO nexus spa.ce(ネクサススペース)
代表理事 岩渕 広樹